忍者ブログ
新米編集者、積読本ヲ語ル。
[14]  [13]  [12]  [11]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日ご紹介した『ブログ・オブ・ウォー』に関連した本を書きとめておきます。


★『サラーム・パックス―バグダッドからの日記』

当時29歳のイラク人男性サラーム・パックスがつづったブログの邦訳本。
戦火のバグダッドの様子を客観的に記し、
ブッシュやフセインについて辛らつな意見を述べる彼はとても聡明で、メディアによって植えつけられていた“抑圧されたイラク人像”とはずいぶん違う。
こういう人もいるのね、と知らされた一冊。

サラーム・パックス―バグダッドからの日記
サラーム・パックス―バグダッドからの日記サラーム パックス Salam Pax 谷崎 ケイ

おすすめ平均
stars“書きたいから書く”という表現の自由
starsほんとうのイラク
starsイラクに関心がある人へ
starsあるイラク人のBlog
stars現在のイラク人の日常がわかる貴重な一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



★『バグダッド・バーニング―イラク女性の占領下日記 』

これはリバーランドと名乗るイラク人女性が書いた、同じくブログの邦訳本。
上のサラーム・パックスに勧められて始めたらしい。

バグダッド・バーニング―イラク女性の占領下日記
バグダッド・バーニング―イラク女性の占領下日記リバーベンド Riverbend リバーベンドプロジェクト

おすすめ平均
starsニュースだけでは見えてこないこと
stars「イラク戦争」って何だったの?
stars平和とは…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



★『本当の戦争の話をしよう』
ティム・オブライエン 著 / 村上春樹 訳

こちらは時代をさかのぼってベトナム戦争の話。
著者のティム・オブライエンはベトナム戦争に派兵された人間で、そのときの体験を回想する形で書かれた短編集。
実際に起こった出来事もあればフィクションもあるそうだが、
あまりにも生々しく、戦争とは何かと考えさせられる。
訳も、さすが村上春樹先生です。


本当の戦争の話をしよう
本当の戦争の話をしようティム・オブライエン 村上 春樹 Tim O'Brien

おすすめ平均
stars戦争の中にいた、「僕」というありふれたひとり
stars自分の内部の戦争
starsベトナム戦争の前中後の真っ只中にいた兵士の心象が文学的に綴られる
starsブッシュさんは読んだのだろうか?
stars教科書に乗せてほしい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
amazon
最新CM
[03/18 りりー]
[03/13 Kaz]
[02/05 りりー]
[01/29 hidekichi]
[01/17 りりー]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
りりー
性別:
女性
職業:
本の編集など。
趣味:
おうた
バーコード
ブログ内検索
カウンター

忍者ブログ[PR]